新着情報

アイキョーホームカップ PBAウイメンズウルフオープン・PBAウルフオープン大会結果
アイキョーホームカップ PBAウイメンズウルフオープン大会結果PDF
アイキョーホームカップ PBAウルフオープン大会結果PDF
PBAウルフオープン リアルタイム速報facebook
  • 海外チーム キャプテン
    Parker Bohn IIIパーカーボーン3世
    Age 54 - 7/13/1963
    ツアータイトル35勝、パーフェクトゲーム112回。PBA、USBCの両団体で殿堂入り。生ける伝説。
  • 日本チーム キャプテン
    Junichi Yajima矢島 純一
    昨年アメリカのPBA50の大会に優勝。JPBA1期として、50年間業界を引っ張る日本を代表するボウラー。通算41勝を上げている。
海外招待選手
  • Jason Belmonteジェイソン・ベルモンテ
    ランキング1位
    Age 34 - 7/29/1983
    昨年は、無冠で終わったが、今年は調子を取り戻し、PBA Players Championship、USBC Mastersを制覇。USBCは4度目の優勝。両手投げは、幼少期ボールが片手で持てなかったのがきっかけ。
    利き手
    R
    PBA参加
    2008
    タイトル
    15
    総賞金
    $1,175,336.59
  • Jesper Svenssonイエスパー・スペンソン
    ランキング2位
    Age 22 - 2/15/1995
    左の両手投げ。2016年、スウェーデンのスポーツ新人賞を獲得。
    父親がボウリング場を経営。
    2017年のインビテーショナルに続き2年連続の出場。
    利き手
    L
    PBA参加
    2014
    タイトル
    6
    総賞金
    $323,216.00
  • Marshall Kentマーシャル・ケント
    ランキング3位
    Age 25 - 9/21/1992
    2017年は、EJタケットを破り、ラボックスポーツオープンを制す。アメリカナショナルチームとしても活躍してきた。
    利き手
    R
    PBA参加
    2014
    タイトル
    4
    総賞金
    $284,705.50
  • Rhino Pageライノ・ページ
    ランキング4位
    Age 34 - 7/10/1983
    アマチュア時代からアメリカナショナルチームとして活躍。今年は、USオープンを制し悲願のメジャータイトルを獲得。勢いに乗っている。
    利き手
    L
    PBA参加
    2007
    タイトル
    6
    総賞金
    $655,207.74
  • EJ TackettEJタケット
    ランキング5位
    Age 25 - 8/7/1992
    2017インビテーショナルディフェンディングチャンピオン。
    勢いそのままPBAトーナメントオブチャンピオンも制した。
    利き手
    R
    PBA参加
    2012
    タイトル
    8
    総賞金
    $584,277.22
  • Ryan Ciminelliライアン・シミネリ
    ランキング6位
    Age 31 - 3/7/1986
    2015年のUSオープンを制した。2017年は2位が3度あるが、タイトルに一歩届かず。インビテーショナルを制し2018年、最高のスタートを切りたいところ。
    利き手
    L
    PBA参加
    2007
    タイトル
    7
    総賞金
    $598,154.84
  • Anthony Simonsenアンソニー・シモンセン
    ランキング7位
    Age 20 - 1/6/1997
    2015年まで目立った成績を残していなかったが2016年USBCを制し頭角を現す。2017年もウィルミントンオープンを制し、USBCがマグレでないことを証明。急成長中20歳の両手投げ。
    利き手
    R
    PBA参加
    2013
    タイトル
    3
    総賞金
    $250,841.50
  • Sean Rashショーン・ラッシュ
    ランキング8位
    Age 35 - 8/22/1982
    ここ6年、毎年タイトルを積み重ねているのが、実力の証明。
    2015年インビテーショナル15位、16年9位、17年4位と順位を上げてきている。
    利き手
    R
    PBA参加
    2005
    タイトル
    12
    総賞金
    $1,219,268.00
  • Yannaphon Larpapharateヤナホーン・ラーパファラット
    ランキング9位
    Age 34 - 9/27/1983
    イエスパー・スペンソン、クリスバーンズ、ショーンラッシュを退けて2017年タイオープンを制した。
    タイ人として初めてPBAタイトルを取った。
    利き手
    R
    PBA参加
    -
    タイトル
    1
    総賞金
    -
  • Kyle Troupカイル・トループ
    ランキング10位
    Age 26 - 6/11/1991
    ポートランドダブルスをイエスパー・スペンソンとのコンビで優勝。PBAリーグでも好成績を残すが、インビテーショナルを制し、大きなタイトルが欲しいところ。
    利き手
    R
    PBA参加
    2008
    タイトル
    2
    総賞金
    $159,693.33
  • Dom Barrettドム・バレット
    ランキング11位
    Age 32 - 7/30/1985
    2017年インビテーショナル8位。16年2位に圧倒的な差を付けてRRに進んだがクリスバーンズに敗れ準優勝。大きなタイトルがないものの、1ケタ順位が12回と抜群の安定感。
    利き手
    R
    PBA参加
    2010
    タイトル
    5
    総賞金
    $621,883.00
  • Liz Johnsonリズ・ジョンソン
    ウィメンズランキング1位
    Age 43 - 5/2/1974
    2016年インビテーショナルに続く参戦。2017年のPWBAのMVP。
    19のPWBAのタイトルを持つ。
    2017年もPBWAメジャー2勝を含む3勝。
    利き手
    R
    PBA参加
    2005
    タイトル
    2
    総賞金
    $269,124.00
  • Francois Lavoieフランソワ・ラボア
    主催者推薦
    Age 24 - 2/27/1993
    昨年ツアーに本格参戦すると、いきなりUSオープンを制覇。さらにシャークオープンも制し、フロックでないことを証明。今年も1勝。カナダ代表としても金メダルを獲得。台風の目になるか?!
    利き手
    R
    PBA参加
    2015
    タイトル
    3
    総賞金
    $143,680.00
  • Chris Barnesクリス・バーンズ
    主催者推薦
    Age 47 - 2/25/1970
    2015年インビテーショナルチャンピオン。16年3位、17年5位と毎年ステップラダーまで駒を進めている。17年はPBAタイトルこそないもののチームUSAとしてW杯ダブルスで金メダルを獲得。
    利き手
    R
    PBA参加
    1998
    タイトル
    18
    総賞金
    $2,297,493.00
  • Parker Bohn IIIパーカーボーン3世
    主催者推薦
    Age 54 - 7/13/1963
    ツアータイトル35勝、パーフェクトゲーム112回。PBA、USBCの両団体で殿堂入り。生ける伝説。
    利き手
    L
    PBA参加
    1984
    タイトル
    35
    総賞金
    $3,181,914.96
  • AN JUNSANGアン・ジュンサン
    主催者推薦(KPBA代表)
    2017年コリアンカップ準優勝。1回戦では4人打ちで、クリスバーンズに先着した。
日本 推薦&出場権獲得選手
ポイントランキング
ポイントランキング オープン
  • Atsushi Ibuki伊吹 太陽
    ポイントランキング1位
    2017年スコーピオンオープンで悲願の優勝。毎回のように準決勝・決勝と残っていたが、中々タイトルが遠かったが、2017年スコーピオンオープンで悲願の優勝。
  • Yuhi Shinbata新畑 雄飛
    ポイントランキング2位
    ナショナルチームとして世界でも活躍中。14年のスコーピオンオープンチャンピオン、17年は2位が2回とタイトルまであと一歩。田町に雄叫びが響き渡るか?!
  • Akifumi Matsushita松下 昭史
    ポイントランキング3位
    17年のカメレオンオープン優勝。元ナショナルメンバー。高い経験値を活かしてインビテーショナルに挑む
  • Yuki Murahama村濱 裕紀
    ポイントランキング4位
    リージョナル初出場となったチーターマスターズで優勝。独特のレイアウトのボールを投げる。ナショナルチームとしても活躍中。
  • Iwao Mori森 岩雄
    ポイントランキング5位
    17年シャークオープン優勝、カメレオンオープンでもベスト16。
  • Kosuke Shirai白井 康介
    ポイントランキング6位
    16年インビ予選を勝ち抜くも諸事情により本選に出れず。リージョナルでも何度も予選を通過するも、中々タイトルが遠かったが、ベアオープンで念願の初タイトル。一皮むけた21歳が世界に挑む。
  • Nobuhito Fujii藤井 信人
    ポイントランキング7位
    チーターマスターズ3位、スコーピオンオープン準優勝と、リージョナルタイトルまであと一歩。17年は、下関ロイヤルカップを制しJPBAポイントランキングでも3位に入る。
  • Yuta Saito斎藤 祐太
    ポイントランキング8位
    15年のスコーピオンオープン準優勝。初年度から賞金を獲得し、リージョナル上位の常連である。17年はNHK杯を制すもリージョナルでは2度の3位。インビテーショナルで雄叫びが聞けるか?!
ポイントランキング ウイメンズ
  • Misaki Mukotani向谷 美咲
    女子ポイントランキング1位
    17年はチータークイーンズ連覇、15年は男子を破りスコーピオンオープン制覇とアニマルの難コンディションもろともしない。ナショナルチームのキャプテンとしても日の丸を引っ張る。
  • Mirai Tanihara谷原 美来
    女子ポイントランキング2位
    ウィメンズカメレオン2連覇。ナショナルチームとしても活躍。全日本選手権で3位に入る。
  • Nana Iida飯田 菜々
    女子ポイントランキング3位
    ウィメンズスコーピオン優勝。JPBA所属以前からリージョナルに出場し14年ウィメンズスコーピオンでは3位。
  • Kana Minowa箕輪 加奈
    女子ポイントランキング4位
    17年ウィメンズスコーピオン準優勝。初年度からリージョナルに参戦し、何度も決勝へ残る。国体選手としても活躍する。
推薦
  • Shota Kawazoe川添 奨太
    JPBA推薦
    2016年インビテーショナル5位、そして、17年はRRを1位で通過するも、E.Jタケットの前に屈して2位。17年から米国PBAツアーに本格参戦。日本で一番PBAタイトルに近いボウラー
  • Shuichi Heki日置 秀一
    JPBA推薦
    2017年インビテーショナルは、選抜大会を勝ち抜き本選に出場。JPBAポントランク2位。2009年以来タイトルから離れているが、安定して上位に入りシード権を維持。インビテーショナルで、ナインコールもあり今大会も爆発が期待される。
  • Hiromi Matsunaga松永 裕美
    JPBA推薦
    2017年インビテーショナルも出場。男子に負けない活躍を見せる。東海OP、ジャパンOPを制覇。常にJPBAランキング上位に入る安定感。17年リージョナルのチーターミックスダブルスも制し、難しいレーンへの適正も見せる。
  • Tomoyuki Sasaki佐々木 智之
    JBC推薦
    アジア大会トリオ戦、5人チームやNHK杯での優勝経験を持つ。今年も国体にて2人制、4人制チームで二冠を達成した。また、ナショナルチームのキャプテンとして、チームを引っ張る。
  • Hiroki Nakane中根 啓貴
    NBF推薦
    全日本ボウリング選手権大会優勝。トリオボウリングフェスティバル優勝。
  • Akira Watanabe渡辺 亮
    ABBF推薦
    2017年個人選手権大会一般男子の部優勝、東日本選手権大会ダブルス優勝(MVP獲得)北関東ブロック選手県大会優勝(3人チーム)藤井信人などトッププロを退け、2017年グリコセブンティーンアイス杯を制覇。
予選勝ち上がり
  • Hiroki Takada髙田 浩規
    関西地区予選突破
    JPBA所属。
    全日本選手権、準優勝
  • Shota Amakasu甘糟 翔太
    東北地区予選突破
    JPBA所属。
    下関ロイヤルカップ6位。偉大なプロ甘糟龍二郎を父に持つ。
  • Masaki Noda野田 正樹
    東海地区予選突破
    2016年カメレオン優勝などリージョナルで活躍!不振の2017シリーズを、見事この予選会で決めました。
  •  
主催者推薦
  • Tommy Jonesトミー・ジョーンズ
    過去に4度日本でも優勝経験を持つ。今年は個人タイトルがないもののチーム戦で優勝を誇る。17年のインビテーショナルでは、7位になる。
  • Bill O'Neillビル・オニール
    2005-06シーズンに新人賞を取ると、毎年のようにタイトルを積み重ね、現在8勝。今年は、チーム戦で2勝をマーク。インビテーショナルは、2016年依頼の出場。
  • Junichi Yajima矢島 純一
    昨年アメリカのPBA50の大会に優勝。JPBA1期として、50年間業界を引っ張る日本を代表するボウラー。通算41勝を上げている。
  • Akiko Suzuki鈴木 晶子
    JPBA41期。㈱ジャパンボウリングプロモーション所属。PBAリージョナルではMC担当
  • Takahiro Sato佐藤 貴啓
    2016年のポイントランキング1位にしてMVP賞。連覇のかかった17年スコーピオンオープンは3位で終わる。昨年のインビテーショナルでは、ラウンドロビンでのPBA選手相手に高い勝率を誇る。今年もPBA選手との対戦に期待が掛かる。
  • Hiroko Shimizu清水 弘子
    15年のウィメンズカメレオン優勝。4年連続での出場。リージョナルでは決勝の常連。学生時代から第一線で活躍し続けている日本を代表する女子ボウラー。勝負強さが魅力。
DHC推薦
  • Yuki Akiyoshi秋吉 夕紀
    DHC推薦
    「ボウリングガールズ天然系」がキャッチフレーズのDHC専属プロボウラー。今季はウィメンズスコーピオンで3位、ポイントランキングでも5位に入る。15年のウィメンズチーターで優勝、インビテーショナルでもパーフェクトを達成。
  • Manae Kameshima亀島 愛永
    DHC推薦
    DHC認定ボウラー。昨季はケガに苦しんだが、フォームを改造して臨んだ今シーズンは大ブレイク!ウィメンズカメレオンでは準優勝、スコーピオンオープンでは3位。ポイントランキングでも4位と大健闘を見せる。
大会招待基準 Tournament invitation criteria
海外招待選手 計 16 名
  • PBA 2017 年 WBT/PBA 賞金ランキングにて決定 12名
  • PBA+KPBA PBA 推薦 3名+KPBA 推薦 1名
日本 推薦&出場権獲得選手 計 32 名
  • PBA リージョナル 2017 年 PBA ジャパンリージョナルポイントランキングにて決定
    ウイメンズ上位 4名・オープン 8名
  • 団体推薦 JPBA 3名、JBC 1名、NBF 1名、ABBF 1名、スポンサー推薦 2名、主催者推薦 1名
    ※選抜予選勝ち上り 2017 年 11 月~2018 年 1 月 26 日 全国地区選抜予選会開催 勝ち上がり 11名

ボウリングのヒント

マイボウラーに絶賛!毎月2、3回発行
少しでもボウリングが上手くなるために。

プロボウラーがあなたのボウリング上達のためのヒントをお届けします。

・当社㈱ジャパン ボウリング プロモーションの外部スタッフ
・JPBA女子プロボウラー
・OAインストラクター

ジャパンボウリングプロモーションとは・・・

JBP(株式会社 ジャパン ボウリング プロモーション)は日本における PBA(米国プロボウラーズ協会)
の公認事業代理人です。
JBPは「三世代が共有できるスポーツとしてのボウリング」を育てていくことを企業理念とし、
PBA方式のボウリング事業を日本で紹介、展開することを事業の柱としています。
私どもJBPは、米国のPBAに成り代わり、本邦においてPBA事業をご紹介申し上げることで、
JPBA(日本プロボウリング協会)、各アマチュア各団体、ボウリング場、ボウリング事業者各位とも
密に連携させていただき、1970年代に日本に巻き起こったボウリングブームを再現し、
日本におけるボウリングがさらなる発展 を遂げるよう努力いたします。

米国プロボウリング協会 日本地区、事業代理人
株式会社ジャパンボウリングプロモーション
代表取締役 木下 新一郎
以下 社員一同